低用量ピルについて

このページでは低用量ピルについての基本的な情報をまとめています。避妊薬として知られているピルですが、どのようなおくすりなのか?また、意外と知られていない避妊以外の効果についてもご紹介。

性行為による妊娠を誰しもが望んでいるわけではありません。女性が妊娠を望んでいない場合には、避妊薬などを飲むことによって妊娠する確率を低くすることができますので、ぜひこちらの情報を参考にしてみてください。

低用量ピルとは

低用量タイプのピルと聞くと皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか?

ピルだけで言えば、避妊するタメのおくすりというイメージが強いと思いますが、低用量避妊薬に関しても基本的には同様に避妊への効き目が期待できるおくすりです。

経口タイプの避妊薬とも言い、飲むタイプのおくすりとして女性が服用すると万が一にもコンドームが破れたりして失敗した時に妊娠するリスクを極限まで低くする効果が期待できるのです。

一般的な避妊グッズで有名なのは男性が装着するコンドームです。もちろん、女性にも性器に装着するグッズはありますが、なかなか認知されておらず、一般的に考えられる女性用のアイテムとしてはこの避妊薬があげられます。

低用量ピルの意外な効果

低用量ピルを一般的に考えてみると、やはり避妊するために飲むおくすりという印象を受けますが、実は、他にも女性が服用することによって得られる効果があるのです。

それは、女性特有に起こる生理です。生理は1ヶ月に1回のペースで起こるものですが、男性にはわからない腹痛や体調不良などの症状が現れます。

この生理による痛みに対しても避妊薬は効き目があり、症状をやわらげてくれるのです。

ホルモンのバランスを落ち着いた状態にする効果が期待できるので、避妊したい女性に限らず飲んでいる女性もいるという事実があります。

ピルとホルモンの関係

女性ホルモンには Estrogenと言われる卵胞ホルモンと、Gestagenと言われる黄体ホルモンがあります。

他にもプロゲステロンと言われているホルモンなどがあるのですが、いろんな避妊薬にはこれらのホルモンに近しい成分が配合されています。

その女性ホルモンに近しい成分をピルというおくすりで体に取り入れることによって女性の身体は妊娠した?ような錯覚になり、排卵をストップさせ、結果的にその間は妊娠しないという仕組みになるのです。

ピルを飲む前に参考情報としてしっかりと把握しましょう。

ページの先頭へ