妊効果について

低用量ピルを含め、ピルにはなぜ妊娠をさせないという効果が期待できるのか?これは正直気になるところだと思います。

単純なイメージとしてピルを飲めば避妊になる。と思っている人がいると思いますが、間違ってはいません!

ただし、ある程度なにがどうなって避妊に繋がっているのかを知っておくべきと言えるでしょう。

他のページでも紹介していますが、ピルの副作用や安全性を無視していると、後々不安になってしまう事も増えていきます。

このページでは避妊薬の効果についてまとめていますので、効果については是非ご参照ください。

効き目があるワケ

他のページ含め、なんども申していますがピルには避妊するための効果が期待できます。それにはしっかりとした理由があるからなのです。

ピルにはいくつかの成分が含まれているのですが、その成分が基本的にはホルモンに大きく作用するのです。

成分に含まれているホルモンのはたらきによって、排卵がとまり精子が子宮に入り込むのを防いでくれ、結果的に妊娠をかなりの確率で防ぐことができるというワケなのです。

避妊とは違った効果

実はピルには妊娠を防ぐという事以外にも意外な効果があるのをご存知でしょうか?

ピルには排卵をとめるという事が期待できるのですが、この排卵停止によってホルモンのバランスが落ち着くのです。

ホルモンが落ち着いてる状態になることで、生理の時に起こるダルさや痛みなども緩和され、さらにはニキビなども改善するというようなお話もあるほどです。

これらは意外と知られていませんが、結構多くの女性に出ているので、あながちその効果も期待できるのではないかというところです。100%とは言い切れませんが、少しは期待してみるのも良いでしょう。婦人科の先生に聞いてみると信憑性が増すかもしれません♪

効果のまとめ

ピルの効果についてまとめてきましたが、皆さんはピルを飲むことに対してどのように感じましたでしょうか?

ピルを飲むことによって得られる部分もあれば、多少なり不安に感じる部分もあると思います。

万が一、避妊がうまくできなかったときは緊急用のピルで緊急処置することも出来ますが、妊娠したくない期間は低用量などを飲み続けてホルモンそのものを安定させるという事も大切かもしれませんね。

ページの先頭へ